2015年9月の国連サミットにおいて採択されたアジェンダでは、持続可能な社会の実現に向けた2030年までを目標として、17のゴール(目標)と169のターゲットからなる「SDGs(持続可能な開発目標)」が掲げられています。

2016年には国が「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」を策定し、SDGsの17のゴールを目指す動きは、国だけでなく、地域や事業者などにも広がりつつあります。

弊社は、地域特性を重視した事業を行い、長期的展望に基づく地域環境、更には地球環境の保全に力を注いでいます。今後も、持続可能な未来の実現のために、弊社事業に関りの深いSDGsの達成により一層貢献していきます。

弊社事業 事業内容 SDGs目標達成への実施方針 関連するSDGsの目標(主なもの)
自然環境調査 植物、動物、生態系、景観、

人と自然との触れ合いの場

水・海・陸に係る生態系の保護・回復、景観・自然とのふれあいの場の保全のための取り組みに貢献します。
生活環境調査 大気、水質、騒音・振動、

土壌汚染、悪臭

すべての人々が健康的に住み続けられるまちづくりに貢献します。
地域環境計画 環境基本計画

地球温暖化対策実行計画

気候変動適応計画

生物多様性地域戦略

一般廃棄物処理基本計画

地域環境計画の策定を通じて、地球温暖化や気候変動、生物多様性の損失などへの影響に立ち向かうための対策を検討するとともに、パートナーシップの構築に貢献します。
環境教育 環境教育等 環境教育を推進し、質の高い教育を提供するための取り組みに貢献します。