開発許可申請に伴う調査

弊社は、林地開発許可申請および静岡県自然環境保全協定に係る希少野生生物調査・保全対策についての豊富な経験を活かし、事業者の皆様の円滑な事業推進をサポートします。

詳しくはこちら

 

 

●林地揮発許可制度に伴う動植物調査

 

地域森林計画対象の民有林(通称5条森林)において、1ヘクタールを超えて開発行為をしようとする時は、林地開発許可を受けなければなりません。

 

●静岡県自然環境保全条例に基づく、自然環境保全協定締結のための希少野生生物調査

 

静岡県内における⼀定規模以上の開発行為については、静岡県自然環境保全条例(第24条)に基づき、協静岡県自然環境保全協定を締結することが求められています。開発指導により、静岡県自然保護課から提示される「静岡県版レッドデータブック掲載種確認一覧表」に基づき、絶滅危惧種の動植物調査の実施が望まれます。

 

 

・メガソーラー事業

・風力発電事業

・小水力発電事業

・砕石事業

 

 

詳しくはこちら

[pdf-embedder url="https://eac-net.co.jp/wp-content/uploads/2019/09/1a5d43f0d01ebe52f2455b0381047eaf-1.pdf" title="★静岡県自然環境保全協定・林地開発許可申請に伴う自然環境調査"]

 

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 受注実績
  • 受賞履歴
  • お問い合わせ