2.リモートセンシング

衛星画像解析

地表面温度の変化

地表面温度の変化

地球観測衛星は、上空から地球を観測しています。衛星が搭載するTM(Thematic Mapper) センサーには、青色、緑色、赤色、近赤外、短波長赤外、熱赤外のバンド(波長帯)があり、各バンドの画像処理を行うことで、土地被覆分類図や地表面温度分布図などを作成します。また、現在と過去の画像を比較することにより、土地利用の変化やヒートアイランドの状況を知ることができます。特に広域的に環境の変化を捉える場合に有効です。
当社では、富士山自然林復元実験や竹林の拡大実態調査、森林の活力度調査などに画像解析を利用しています。

IKONOS衛星画像による富士山自然林復元実験地の植生解析

IKONOS衛星画像による富士山自然林復元実験地の植生解析

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 受注実績
  • 受賞履歴
  • お問い合わせ