株式会社環境アセスメントセンター

4.資源地質調査

骨材資源調査

●開発可能性調査

砂、砂利、砕石などコンクリートの材料を総称して骨材といいます。経済的立地条件、社会的立地条件、法的制約条件などの予備調査に基づき、地表踏査を行い開発可能性を調査します。

●開発調査

トレンチ調査、ボーリング、弾性波探査、地形測量を行い、表土量、埋蔵量・可採量の把握を行います。

●骨材試験

コンクリートには70~80%の骨材をふくみ、骨材の品質はコンクリートの強度・耐久性・水溶性・単位重量に影響します。骨材試験には、比重、吸水量、安定性、すりへり減量、粒度などがあります。

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 受注実績
  • 受賞履歴
  • お問い合わせ